G6 Gymkhana 2014
2014.09.29開催

2014年6月29日 富山県IOXアローザスキー場 駐車場にて、G6ジムカーナシリーズ 第4戦 トラップラウンドを開催しました。

トラップラウンドとしては、記念すべき10回目になった今大会でしたが、梅雨入りした6月に相応しい空模様の中、参加していただいた105名のドライバーの熱い走りが繰り広げられました。

参加していただいた皆様、見に来ていただいた皆様、誠に有難う御座いました。



また、リザルトは、G6ホームページにてご覧いただけます


ここに掲載できなかった写真は、こちらの方で見ることが出来ます





今回も、毎年の恒例 チーム・トラップスポーツ・ドライバーによるデモラン+同乗体験走行 を行ないました。
そして今年も、ヨコハマタイヤの協力の下、全日本ドライバーである柴田優作選手・森嶋昭時選手にもゲストドライバーとして参加していただきました


アナウンサー久野さんのオモシロトークでドライバーを紹介していただきました

毎年恒例のデモランの同乗走行は、ドライバーとのジャンケンによる抽選です。

G6ジムカーナではお馴染みになりました、痛車・ハイブリッド車・Kカーなどなどに混じって、スーパーカーでの参加車がいました。

何でも、本来の出場予定車のトラブルで、急遽用意したのがこの車だったとか・・・
イオックスアローザは割かし広い会場だと思っていましたが、スーパーカーには少し狭いように感じました。

また、今回もゲストドライバーに来ていただきましたので、特別企画としまして、
「トップドライバーに自分の車に乗ってもらって、自分の運転をみてもらって、どのようにしたらタイムアップに繋がるか教えてもらおう!」

という企画をしました。 抽選によって選ばれた6名のドライバーの方たちは、熱心にアドバイスを受けていました。

最後に、表彰式とお楽しみ抽選会で大会を締めくくりました。
表彰台で喜ぶ姿が印象的でした。

抽選会ではたくさんのグッズが配られました。

個人的には、ヨコハマタイヤ製消しゴムが、ネオバとA050のタイヤパターンが掘り込まれていて、ツボでした。
アナウンサー曰く、「この消しゴムを集めて、溶かせば、ネオバができる!」
そんなことはないです。 多分。

最後に、G6ジムカーナの象徴である、G6旗を次のG6第5戦を開催されるTSホソカワさんに手渡しました。

10回目の開催でした今大会も、盛況のうちに終える事が出来、大変良かったと思います。
梅雨空の下、雨が降ったり止んだりで、順位が入れ替わったりと、天候のお陰でより盛り上がった大会になりました。
参加していただいた皆様、見に来ていただいた皆様、誠に有難う御座いました。
次回も、ぜひお越しください。

ウェット路面でも、素晴らしい走りを披露してくれたトップドライバーの走行に参加者の視線も釘付けでした。

ジムカーナの基本、慣熟歩行にも皆さん余念が有りません。 何周も歩いて、路面・パイロンの位置を確認しています。

また、常連ドライバーの「妖怪ジジィ」さんにコース攻略のポイントをインタビューしてみました。

走行前の準備、ゼッケンを貼り付けたり、荷物を降ろしたり、タイヤチェックしたり、、、